LINE

Lyricist: 一青窈    Composer: 武部聡志
清の時代―遥か 昔
前世で結ばれていた
縁を手繰り寄せろと言う
鷲の眼の占い師

未だ見ぬ人の気配を好きだなんて可笑しいでせう?

赤い糸ならばいいな
日月のような関係。

もうすぐ交差点 人生の途中
氷河が溶けるように君を求めて流る
つながっていたいから
まだ出会っていないけれども
古今東西からの
続く縁を 続く今日を 信じて 信じてる

こない春を待ってたら
歳をとってしまうけれど
何度もすれ違ってたなら
掴め!千載一遇。

このまま 勇気を出さずに終わって
林檎をかじってたら振り出しにもどるだけ
宝ものはいつでも半径地球の腕ん中

気づけばそこで君を
待っていてくれるもの 信じて 信じてて

嗚呼…このときめき
ショウケースに入れて
閉じ込めてしまえば
誰にも気づかれない
つながっていたいから
まだ出会っていないけれども
古今東西からの
続く縁を 続く今日を 信じて 信じてる
信じて 信じてる