天使崩壊

Lyricist: 涼平    Composer: 涼平

頭部の欠けた私の傷を、
舐めていた君はもういない。
腕まで捥いだ私の身体、
四季は色づいた。

でもずっと、眠らない。

ただ『高高度から覗く天の川』(夜空)追いかけ、
ただ『惚けてぽかんと光の粒々』(夜空)失い。
「さよなら」が始まる日から、
ただ君を消し去り、ただ君を無くして、目背けていた。

色彩欠けた私の身体、見つめた君思うね。

霰が注ぐ私の気持ち、死期は近づいた。

でもずっと、変わらない。

ただ『高高度から覗く天の川』追いかけ、
ただ『惚けてぽかんと光の粒々』失い。
「さよなら」が始まる日から、
ただ君を消し去り、ただ君を無くして、目背けていた。

もし君が正しくない夜があって……
世界が正しい夜に……

「きみはただしいんだよ」

知っているんだよ、ずっと。