*~米字鍵~ - Album Version

Lyricist: ORANGE RANGE    Composer: ORANGE RANGE

見上げた夜空の星達の光
古の思い願いが時代を超え色合わせることなく届く
きらり瞳に映る誰かの叫び 風に想いを
月に願いを 力ある限り生きてくんだ 今日も
僕らの想いもいつか誰かの胸に
光り続けよう あの星のように

1つ2つ鐘の音は響く心の中へと広く深く
物語のような星の雫 その中に細い線路っを築く
時間とともに時代は動く 流れる星は静かに動く
目を閉じて耳をすませば GOOD BYE

大空にいっぱいの白黒写真 なびくマフラー 白い息
少しでも近づきたくて あの高台まで 駆け足で
重たい望遠鏡 取り出すと
レンズはみだしたスターダスト
時間を奪われた時間 時代を越えてくるロマン

話して光 負けずにしっかり今 時を越え
誰かに届くまで 栄光の光はこの向こうに
キミたちとつくっていくストーリー

見上げた夜空の星達の光
古の思い願いが時代を超え色合わせることなく届く
きらり瞳に映る誰かの叫び 風に想いを
月に願いを 力ある限り生きてくんだ 今日も
僕らの想いもいつか誰かの胸に
光り続けよう あの星のように

産声上げて 小さな光 大きな光 時空を超え出逢い
すべての輝きがひとつとなり 作り出す物語
点と点を結ぶ星座のように 誰かにとって
僕らもきれいな絵 描けてたらいいね
見上げてごらんよ ほら 冬のダイヤモンド
ゆるやかな天の川 すぐ勇気取り戻せるから

放て光 負けずにしっかり
今時を越え 誰かに届くまで
栄光の光はこの向こうに
キミたちとつくっていくストーリー

見上げた夜空の星達の光
古の思い願いが時代を超え色合わせることなく届く
きらり瞳に映る誰かの叫び 風に想いを
月に願いを 力ある限り生きてくんだ 今日も
僕らの想いもいつか誰かの胸に
光り続けよう あの星のように

この空は1つ どこまでも広くそう
海の向こう 今生まれる息吹 絶たれる命
星は照らす 女神の如く
長く続く 繰り返す 春夏秋冬の
一瞬でいい 少しでいい 思いを刻む
ただ果てなく 時を超え 輝きだす

物語は心の中で続いている
あの日の君はいつか夜汽車に乗って

見上げた夜空の星達の光
古の思い願いが時代を超え色合わせることなく届く
きらり瞳に映る誰かの叫び 風に想いを
月に願いを 力ある限り生きてくんだ 今日も
見上げた夜空の星達の光
古の思い願いが時代を超え色合わせることなく届く
僕らの想いもいつか誰かの胸に
光り続けよう あの星のように

光り続けよう あの星のように