Lyricist: 宮崎吾朗    Composer: 谷山浩子

昔々の その昔
歴史が始まる 前のこと
二つの物は 一つだった
二つは同じ 一つだった

持つこと欲した もの達は
海と大地を 選んだが
自由を欲した もの達は
何も持たずに 飛び去った

分かれてしまった 人と竜
忘れてしまった 太古の記憶

遠く遠くの 西の果て
世界が終わる 最果てで
翼を持った もの達は
風の狭間に 生きている

風を吸い込み 日を喰らい
鋼の体は 風に乗る
赤い瞳は 真を見つめ
太古の言葉で 真を語る

どんなものにも 囚われず
どんなものにも おもねることなく

それは気高く 慈悲深く
そして残酷な 残酷な命
人がなくした 太古の姿