哭一哭也好

Lyricist: 秋元康    Composer: K-Wonder/SAS3

電車の窓から見てた街はこんなに遠かったのか?
曾經從電車的窗戶看見的街道原來有這麼遠嗎?
ずっと憧れてたあの人はもうどこかへ引っ越したか?
一直憧憬著的人已經搬走了嗎?
あの日 交わした約束は忘れられてしまったのか?
那天交換的約定已經被遺忘了嗎?
独り言は 誰も聞いてない
我自言自語 誰都沒在聽

雑誌で見た 華やかなショウウインドウ
在雜誌看過的華麗的玻璃窗
覗いてた誰かの 手の跡で汚れてしまったか?
是某人偷看時留下的手痕弄髒的嗎?
欲しかったものが 欲しくなくなるのは
曾想要的東西變得不想要的話
諦めるより 不幸だと思う
我認為比放棄還更不幸

夢と現実の 両方を知って
認清了夢想與現實
落胆に慣れながら
人生就是邊習慣失望
逞(たくま)しく生きるのが人生だ
邊逞強地活著的

WOW WOW WOW WOW
僕たちはいつから 涙を流さないのか?
我們是從何時起便不再流淚了呢?
幼かったあの頃より 強くなったわけじゃない
並不是因為比起小時候還要更堅強
WOW WOW WOW WOW
大人になったって 悲しいことはある
變成大人後 有傷心的事情
だけど 歯を食いしばって 我慢してるけど
雖然都是咬著牙關忍著
たまには泣いたっていいじゃないか?
偶爾哭泣的話不是也很好嗎?

永遠 固く誓った愛はこんなに脆かったのか?
永遠這種堅守誓言的愛是這麼脆弱的嗎?
忘れないでと言ったあの瞳は他の男(ひと) 見てるのか?
說著不要忘記的那雙眼 正看著其他男人?
10年後 迎えに来てなんて思い上がりに溺れたのか?
10年後 迎來的只是沉浸在自己的自負裡?
過去と喧騒に ため息ついた
對過去和喧囂 嘆了口氣

上京する時 持って来たギターは
到東京時 一起帶著的吉他
安アパートの 押入れの中に放り込んだまま
就這樣放在便宜公寓裡的櫃子裡收著
あれから一度も 弾いていないのは
自從那時再也沒彈過是因為
歌いたいことが ないからだろう
沒有想要讓我歌唱的事吧

傷の治し方 いつしか覚えて
不知何時記住的治療傷口的方法
痛みなんかどうでもいい
痛覺什麼的怎樣都好
思いっきり傷つくのが人生だ
盡情的受傷的才是人生

WOW WOW WOW WOW
僕たちはいつだって 何を笑っているのか?
我們是從何時 為了什麼而一直笑著?
本当は辛いのに 何をごまかしてるのか?
明明很辛苦 卻裝作若無其事
WOW WOW WOW WOW
自分の感情を 抑えるのは大事か?
把自己的感情壓抑住就這麼重要嗎?
もっと かっこ悪い 生き方をしよう
選擇更難堪的方式活著吧
たまには泣いたっていいじゃないか?
偶爾哭泣的話不是也很好嗎?


僕たちはいつから 涙を流さないのか?
我們是從何時起便不再流淚了呢?
幼かったあの頃より 強くなったわけじゃない
並不是因為比起小時候還要更堅強
WOW WOW WOW WOW
大人になったって 悲しいことはある
變成大人後 有傷心的事情
だけど 歯を食いしばって 我慢してるけど
雖然都是咬著牙關忍著
たまには泣いたっていいじゃないか?
偶爾哭泣的話不是也很好嗎?