浪漫墨魚燒

Lyricist: 秋元康    Composer: 横健介
ターコイズのリング(Ah! Ah!)
並べたような海(Ah! Ah!)
恋人と(そう)やって来た(今)
初めての砂浜(ほら)

ちょっと冒険した(うん)
水着が恥ずかしい(Ah! Ah!)
どことなく(まあ)ぎこちない(なぜ)
真夏の過ごし方

空の太陽が ハート焦がしてる
あなたは立ち上がり 海の家へ

お待たせ
ロマンティックいか焼き
「なんか腹へって食べたくなった」
棒に(棒に)刺さってる
あなたの照れ隠し
ロマンティックいか焼き
こんなものもキラキラして見える
恋は(恋は)催眠術
2人で食べれば
LOVE LOVE LOVE

背中を灼いた後(Ah! Ah!)
お腹も灼かなきゃね(Ah! Ah!)
うつ伏せも(そう)仰向けも(今)
ときめいてしまうの(ほら)

誰かを好きになると(はい)
あばたもえくぼだし(Ah! Ah!)
日常の(あれ)そのすべて(これ)
変わって見えて来る

カッコつけないで 心 丸裸
あなたの実物大 惹かれてるの

冷たい
サディスティックかき氷
もっと直球でつきあいたいの
奥歯(奥歯)染みるけど
そんな私も見て
サディスティックかき氷
どこにもあるそんな夏がいいね
2人(2人)思い込む過ぎてく時間が
LOVE LOVE LOVE

お待たせ
ロマンティックいか焼き
「なんか腹へって食べたくなった」
棒に(棒に)刺さってる
あなたの照れ隠し
ロマンティックいか焼き
こんなものもキラキラして見える
恋は(恋は)催眠術
2人で食べれば
LOVE LOVE LOVE

サディスティックかき氷
もっと直球でつきあいたいの
奥歯(奥歯)染みるけど
そんな私も見て
サディスティックかき氷
どこにもあるそんな夏がいいね
2人(2人)思い込む過ぎてく時間が
LOVE LOVE LOVE