Re:BIRTH

Lyricist: 街頭塗鴉    Composer: 街頭塗鴉

愛しさだけで、愛を語っていた頃が少し懐かしい
数え切れる劣行く、いくつもの感情が生まれて湧きあう
葡萄色の夕暮れ、まばざきのその隙に、世界は色変えて
僕を置き去りにするんだ
無視に合って、見失って、悲しみを押し付けあう時
人は人をいともたやすく、嫌いになれてしまうようです
大事にしたら、大事にされる、わかさないと分かりながらも
それでもなお
人は人を愛さずには、 いられないものなのでしょうね

何処から来たの?思い出せないよう、生まれる前の事だもの
確かなのは、人は人を愛さずにはいられないものだと言う事