火ヲ灯ス

Lyricist: 大武茜一郎    Composer: 突然少年

白旗を挙げる隙も無いほど
何処までも行けるような速さ
転んで擦り傷だらけだった君は
まだ息をしていますか

火を灯す 君のその一瞬の目に 火を灯す
どうしようもないこと全てに 火を灯す

火を灯す 君のその一瞬の目に 火を灯す
どうしようもないこと全てに 火を灯す

知らない街へ走って行く
限界なんて後で気付く
灰になって 空に舞って
それが綺麗に見えるならば

息を切らして急いで行く
限界なんて後で気付く
灰になって 空に舞って
星が君に見えるならば

火を灯す 君のその一瞬の目に 火を灯す
どうしようもないこと全てに 火を灯す