夜の公園で渡すつもりのない手紙を書いている

Lyricist: 森山直太朗・御徒町凧    Composer: 森山直太朗・御徒町凧

ギターを弾きながら 上手に歌を歌うのは 難しいことだけれど
今僕の心を形にすることは それ以上に難しいことみたいだ

静かな夜に粉雪が降り積もるように
君への想いは静かに降り積もっている
季節が巡って いつかこの雪が溶けるなら
僕はきっと世界に溶けてしまうんだ

細長いベンチを下敷きに 爪の形の月をスタンドにして
言葉をしゃべるみたいに 想いを夜に滲ませようとしている

だけどこの手紙は 渡すつもりのない手紙
君への喜びを綴った 届くあてのない手紙

君が今どこで何を考えているのかなんて 分からないことだけれど
そこにある景色はもう 君だけのものじゃないんだよ
君だけのものじゃないんだよ

もう二度と会わないと誓った夜に
僕は部屋で少し寂しい映画を観ていた
ラストシーンは思い出せないけれど
涙が止まらなかったのを覚えている

だけどこの手紙は 渡すつもりのない手紙
君への喜びを綴った 届くあてのない手紙

ジャングルジムが郵便ポスト 滑り台が配達員
蟲の声が40円切手 僕はシャツのボタンを全部しめている

だけどこの手紙は 渡すつもりのない手紙
君への喜びを綴った 届くあてのない手紙

だけどこの手紙は 渡すつもりのない手紙
君への喜びを綴った 届くあてのない手紙
届くあてのない手紙