橫濱Lily

Lyricist: 新藤晴一    Composer: AK.HOMMA

横浜のホテルで街の灯を独り見下ろす
女は細い指でおざなりのキスの名残を拭う

港町で暮らす女に お似合いの名前だと言って
私をリリーと呼んだキザなとこも

弱いくせに馬鹿なくせに本当の男になりたいと
体に傷ばかり作ってたとこも

ここに帰って来さえすればね また愛してあげるわ
仁義なんて流行らない言葉 海に投げ捨ててよ

本牧から悪い噂が聞こえて来た時
険しい顔を見せた あなたを止める手だてすらなくて

どうせ私のこと不幸にするなら他にいい女が
出来たとかね そんな泣けるものにして

どんな嘘だって知らないふりをしてきてあげたけれど
部屋のドアを出る時の「じゃあ、また。」は嘘じゃ許さないから

汽車道の橋で欄干にのぼってみせて
果てもない夢の話 こんな結末じゃなかったはずよ

たぶんあなたのことね 私なんか忘れちゃって
震えながら泣いて泣いて引き金を握ってる

横浜のリリーは今 違う街に暮らしてる
誰も彼女の事をリリーとは呼ばない遠い街で