negainouta
From
Grapefruits
Released

negainouta

Lyricist: 小渕健太郎    Composer: 小渕健太郎


願いの詩


泥だらけの服の下また今日もひとつ
どろだらけのふくのしたまたきょうもひとつ
doro darakeno fuku no shita mata kyou mo hitotsu

増えた傷 パパにだけ見せて笑ってた
ふえたきず パパにだけみせてわらってた
fue ta kizu papa ni dake mise te waratte ta

夢見たもの ひとつずつ箱にしまって
ゆめみたもの ひとつずつはこにしまって
yumemi tamono hitotsuzutsu hako ni shimatte

いつか僕も 大人という 抜けがらになる
いつかぼくも おとなという ぬけがらになる
itsuka boku mo otona to iu nuke garani naru


夏の終わりにうつむく向日葵
なつのおわりにうつむくひまわり
natsu no owari ni utsumuku himawari

太陽昇れとまた咲く時を待ってる
たいようのぼれとまたさくときをまってる
taiyou nobore tomata saku toki wo matte ru

やっと気付いた心の傷あと
やっときづいたこころのきずあと
yatto kiduita kokoro no kizu ato

そっと隠しながら
そっとかくしながら
sotto kakushi nagara


もしも僕があの頃の僕に手紙を
もしもぼくがあのころのぼくにてがみを
moshimo boku ga ano koro no boku ni tegami wo

出せるならどれくらい真実で書けるだろう
だせるならどれくらいしんじつでかけるだろう
dase runara dorekurai shinjitsu de kake rudarou


眩い光にうつむく日もある
まばゆいひかりにうつむくひもある
mabayui hikari ni utsumuku hi mo aru

希望の重さに負けない孤独な強さを
きぼうのおもさにまけないこどくなつよさを
kibou no omosa ni make nai kodoku na tsuyosa wo

想いは未来も運命も変えてく
おもいはみらいもさだめもかえてく
omoi wa mirai mo sadame mo kae teku

きっとこんな時代でも…
きっとこんなじだいでも…
kitto konna jidai demo



籠に入れられた鳥は いつしか自由を失ってた
かごにいれられたとりは いつしかじゆうをうしなってた
kago ni ire rareta tori wa itsushika jiyuu wo ushinatte ta

ある朝 逃げ出してみたけれど もう飛べなくて…
あるあさ にげだしてみたけれど もうとべなくて…
aru asa nige dashi te mitakeredo mou tobe nakute


夏の終わりにうつむく向日葵
なつのおわりにうつむくひまわり
natsu no owari ni utsumuku himawari

拭いきれない悲しみの雨に傘を
ぬぐいきれないかなしみのあめにかさを
nugui kirenai kanashimi no ame ni kasa wo

鋭った心にやわらかな毛布を
よがったこころにやわらかなもうふを
yogatta kokoro ni yawarakana moufu wo

冷たい壁には君の絵を
つめたいかべにはきみのえを
tsumetai kabe niwa kimi no e wo


無名のランナーに声援の追い風を
むめいのランナーにせいえんのおいかぜを
mumei no rannaa ni seien no oi kaze wo

群れにはぐれた羊にママの居場所を
むれにはぐれたひつじにママのいばしょを
mure ni hagureta hitsuji ni mama no ibasho wo

愛する人に疑い無き祈りを
あいするひとにうたがいなきいのりを
ai suru hito ni utagai naki inori wo

この僕に願いを この詩は君と
このぼくにねがいを このうたはきみと
kono boku ni negai wo kono uta wa kimi to

あの頃の僕に
あのころのぼくに
ano koro no boku ni