下輩子再見

Lyricist: Sayuri    Composer: Sayuri

過去は変えられないさって
過去是無法去改變的
何度言われても懲りないのね
單憑口說多次還是不會受到教訓呢
再三再四 振り払えずに
不斷輪迴 無法脫困
取り残されてく
而逐漸被拋棄

もうこれ以上願ってるだけじゃ
已經沒有什麼能期望的
もう一緒にはいられないのでしょう
已經無法和你一起走下去了
もう行かなくちゃ
已經不得要離開了
受け入れなくちゃ
必須要去面對現實了

来世で会おう
下輩子再見吧
生まれ変わった時は
當重獲新生之時
二人きっと違う未来が待ってる
等待我們的肯定是嶄新的未來
来世で会おう
下輩子再見吧
光を手繰り寄せて
將光芒握入手中
必ずまた 笑い合えるさ
我們必定能夠再次相識而笑
信じて僕は 今 歩き出すよ
此刻相信現在的我向前邁進

記憶にすがりつくように
就像是為了記憶而苦苦的哀求般
罰が下るのを待っていたように
就像是在等待懲罰降臨
僕が僕自身をこの部屋に
而我卻是在這間屋子裡
閉じ込めていた
囚禁著自己

冷たく体を覆っている氷は
那冰冷包覆著身體的冰霜
自分以外には溶かせないってこと
除了自己以外無人能將它融去
もう知ってるけど
我明知道這樣的道理
気付いてるけど
也已經察覺到了

夢を見るよ 選ばなかった日々の先で
夢見了那未曾選過的日子
僕は幸せそうに笑ってて
我看上去盡是幸福美滿的笑容
それでも朝が来たら 今日も歌うよ
那怕早晨像這樣降臨 今天也要去歌唱
すべて間違いじゃなかったと
慶幸一切未發生的狀況
思える春が来るように祈る
祈禱著春天的到來

許せるだろうか
會有寬恕的那一天嗎
そんな日が来るとしたなら
倘若那一天真的來臨
君は待っててくれるだろうか
你會願意來等待著我嗎
この痛みの先で
在這陣傷痛之後

来世で会おう
下輩子再見吧
指切り 解いた合図で
以勾起小指解開的暗號
僕らそれぞれの場所へ向かってく
我們將朝向不同的地方前進
来世で会おう
下輩子再見吧
だからもう振り向かないよ
因此無法再回頭了

来世で会おう
下輩子再見吧
生まれ変わった時は
當重獲新生之時
二人きっと違う未来が待ってる
等待我們的肯定是嶄新的未來
来世で会おう
下輩子再見吧
それまでどうかお元気で
在那之前也請你多保重
すべて間違いじゃなかったと
慶幸一切未發生的狀況
信じて僕は 今 歩き出すよ
此刻相信現在的我向前邁進