Perfect Day

Lyricist: ryo    Composer: ryo

誰もいない道路で両手を広げ歩いた
目を閉じてから私はそっと
心の中で小さな賭けをしたんだ

白線から落ちたら負け
昔こんなのやってた
なんか懐かしいな

It's a perfect day
飛行機雲走って追いかけた
いつか手は届くって そう信じていた
けど空はあまりに遠かったから
ちっぽけな自分が悲しく思えたんだ

もしも今隕石が
降ってきてるとしても
私は気がつくこともできず
天国行きで まあいっか それもアリかな

あの日 小さな冒険
少し強くなれたような
大切な思い出

It's a perfect day
飛行機雲走って追いかけた
きっと手は届くって 誰も信じてないけど
私知ってるんだよ だってほら見える
絶対つかまえるんだから

行き止まり飛び越えて走る
どこまでも

It's such……

such a perfect day
立ち止まって空を仰いだら
青い 青いキャンバスに
一筋の雲が駆け抜けた
いつかの空と同じ
だから今 もう一度だけ手を伸ばした