世界中の誰よりきっと

Lyricist: 上杉昇    Composer: 織田哲郎

まぶしい季節が黄金色に街を染めて
君の横顔そっと包んでた
まためぐり逢えたのもきっと偶然じゃないよ
心のどこかで待ってた

世界中の誰よりきっと熱い夢見てたから
目覚めてはじめて気づくつのる想いに
世界中の誰よりきっと果てしないその笑顔
ずっと抱きしめていたい季節を越えていつでも※

言葉の終わりをいつまでも探している
君の眼差し遠く見つめてた
そう本気の数だけ涙見せたけど
許してあげたい輝きを

世界中の誰よりきっと熱い夢見てたから
目覚めてはじめて気づくはかない愛に
世界中の誰よりきっと胸に響く鼓動を
ずっと抱きしめていたい季節を越えていつでも

世界中の誰よりきっと優しい気持ちになる
目覚めて初めて気づくはかない光に
世界中の誰よりきっと胸に響く鼓動を
ずっと抱きしめていたい季節を越えていつでも

ずっと抱きしめていたい季節を越えていつでも