朝顔

Lyricist: 小渕健太郎    Composer: 小渕健太郎

あんまり遠くへ行かないで
いつでもそばに いてくれたから なおさら
少しでも近くに いてほしい

こんなに涙が出るのなら
あのまま雨に うたれてしまえば
君に 涙見られずに すんだのに

壊れたラジオ みどり色のギター
あの部屋さえも 今は誰かのもの

学校がえりまちあわせた
堤防沿いの公園 今も時々 ベンチにひとり
ムネがドキドキ


なんだか 一人も慣れました
今度君に会える 夏を想うだけで
さみしさ 消せることを おぼえた

最近電話が多いのは 夢を追い
街を出て行った君でさえ 都会の風が強すぎるのか
夜が明ければ 君に会えるのに 朝を待てない

朝顔のようにさ なんだか少し やせちゃったね
言葉も少し 変わってしまってたけど

笑顔は今も あのころのまま
(このままどこへも行かないで)

本音がホロリ 出てしまいそうになるから
電車のドアよ 早く閉まって
ホームに一人 夏まで ひとり