TAXI

Lyricist: shinjiroh inoue    Composer: nao tanaka


絡めた指を解くたび
その温もりを握り返した

君に逢えると思うたび
僕の心は彩られてく

他愛のないでき事も
ふたりでいれば思い出にできるのに


君の声も その細い肩も
その瞳も 僕のものじゃない
どんなに 側にいても

君の未来 壊さない限り
この思いを 叶えることは出来ないよ
ひとときの夢 痛いほど好きなのに
夜が終わってく

会えない時間を埋めるように
煌く街の舗道を歩く

初めて手に触れた時
おどけた君の笑顔が蘇る

抱きしめたい 抱きしめていたい
たけど君は 僕のものじゃない

歪な心が今
抱きしめたい 抱きしめちゃいけない
溢れるほど 解けるほど 求めているのに
タクシーとめて 約束も交わさずに
君は手を振る

君の声も その細い肩も
その瞳も 僕のものじゃない
どんなに そぼにいても
君の未来 壊さない限り
この想いを 叶えることは出来ないよ
ひとときの夢 痛いほど好きなのに

夜が終わってく