陳腔濫調

Lyricist: 新藤晴一    Composer: 新藤晴一

あなたはそばにいた いつでも僕のそばに 心に近い所に
あわたは笑ってた 僕の腕に隠れて 可笑しそうに笑っていた

こんな美しい夜に 胸に満ちる想いは 今も褪せないあなたとのことばかり
「二度と会わない」と言った その意味に 今日もひとり深く沈んでく

会いたくて 恋しくて どうにかなりそうで
どこにもいないってことを思い知る 涙
あなただって 同じように 想っててくれたら
などという夢がよりいっそう 僕を泣かせるよ

さよなら告げた街 家路を急ぐ人を 煩わせる夕たち
街頭ビジョンから 流れるヒットソング あの頃の曲はない

ガードレールに繋がれて 停まったままの時間
太い鎖 解きようもないままに
二度と会えないとしても それでもいい?
声に出さず問い続けてる

音のように 熱のように 掴みようもないもの
無くなってしまえば何も残らない 涙
悲しみが 降り続き 僕を飲み込む頃
二人が出逢ったわけをじっと 感じてる

もし時を戻すことができて 胸にたくさんの花束を抱いて
あなたの前に立った姿を描く 幸せな眠り 訪れるように

会いたくて 恋しくて どうにかなりそうで
どこにもいないってことを思い知る 涙
いつかまた 同じように 笑ってくれるかな
などという夢がよりいっそう 僕を泣かせるよ

会いたくて 恋しくて…

音のように 熱のように 掴みようもないもの…