熱帶魚的淚 - Version 2015

Lyricist: 小竹正人    Composer: SKY BEATZ・FAST LANE

夏が来るわ 夏が…
夏天來了呢 夏天…

頬杖をついた窓に
輕倚窗邊托著臉頰

吹いた微風は 少し暑くて
迎面微風 吹送些許暑氣

汗ばんでる 私の肌を
我輕輕撫去

ひらり撫でて張りついた
肌膚上的汗水淋漓

どうしてでしょうか?
為什麼呢?

思い出すわ 夏になるとあなたを
一到夏天便想起了你

私あなたの腕の中の
我就像是你臂彎中

愛を知らない 熱帯魚だった
不知愛為何物的熱帶魚

どんなに 激しく泳いだって
不論再怎麼拼命的游

そこにあるのは 涙の海でした
到哪兒都是只有淚水的汪洋

夏が来るわ 夏が…
夏天還是來了呢 夏天…

水槽の中漂う 魚たちは とても綺麗ね
飄游在水池裡的魚兒們 是多麼美麗

羽根広げた 孔雀みたいに 輝いては乱反射
彷彿開屏的孔雀 光芒四射

どうしてでしょうか?
為什麼呢?

それなのにねえ
即使如此

とても悲しそうだわ
看上去還是那樣的悲傷

私なんにも知らなかった
我那時一無所知

愛してほしい そう願いながら
只祈禱著能被你愛上

何処へ 行けば自由になれるの?
要到何處 才能獲得自由呢?

そんな想いで 泳ぎ続けていた
伴隨此心願 繼續浮游而去

忘れたい 忘れられない
想要遺忘 卻又無法忘卻

碧い空のスクリーンには あなたが映るのよ
那碧藍天幕 映照出你

初めて恋をして 泣いてばかりいた私
第一次愛戀 我卻不停地哭泣

夏が 来るわ もう戻りたくないけど
夏天 來了呢 盡管已不想回到從前

思い出すの 熱帯魚の涙を
總會想起 熱帶魚的淚水

私あなたの腕の中の
我就像是你臂彎中

愛を知らない 熱帯魚だった
不知愛為何物的熱帶魚

どんなに 激しく泳いだって
不論再怎麼拼命的游

そこにあるのは 涙の海
到哪兒都是只有淚水的汪洋

私なんにも知らなかった
我那時一無所知

愛してほしい そう願いながら
只祈禱著能被你愛上

何処へ 行けば自由になれるの?
要到何處 才能獲得自由呢?

そんな想いで 泳ぎ続けていた
將這心願放在心中 夜以繼日地游著

夏が来るわ 夏が…
夏天來了呢 夏天…