如同剛出生時

Lyricist: 秋元康    Composer: 田中俊亮

夕焼けに染まった
コンビナート地帯は
燃え尽きた何かが
空に立ち上る

鉄橋の真下で
電車が通過する時
大声で叫んだ
望み少ないあの夢

学校 辞めたことは
今も後悔してない
問題なのは あまりに長い
命の残り

生まれたまま
ずっと自由に生きられたら
今 どうしてるだろう?
真っ白だった羽根も
汚れてはいなかった
いくつの嘘
自分に言い続けたのかな?
誠実じゃない
僕はその分 大人になった

定刻になったら
自転車が溢れて
ささやかなしあわせ
家まで届ける

連なった飲み屋の
その一角に帰ろう
母親の化粧は
涙の跡を隠してる

誰かのせいにはしない
運のせいにもしない
大事なものが少ない方が
楽だと思う

生まれたまま
ずっと何も欲がなければ
世界は素晴らしい
競い合うことも
嫉妬することもなかったさ
僕は誰を
そんな憎んで 来たのだろうか?
比較すること
やめた時から 本当の自分

生まれたまま
ずっと自由に生きられたら
今 どうしてるだろう?
真っ白だった羽根も
汚れてはいなかった
いくつの嘘
自分に言い続けたのかな?
誠実じゃない
僕はその分 大人になった