nostalgia 鄉愁

Lyricist: 持田香織    Composer: 菊池一仁

青く冷たい風が吹く
あらゆる世の儚さを叩き付けるかのように胸を打つ
そんな寂しささえも解き放ってくれたものは
あなたの笑顔でした

ナンデ いつも 剥きになって 傷つけてしまうんだろう
吐き出すと同時に後悔したって
今にも泣き出しそうな
歪んだその笑顔が消えるワケじゃないのにね

いつか 小さなこの手をぎゅっと握りしめていた
あの強さ 残ってる 痛い程に

あのドアを開けたその瞬間から 温かい光溢れ
木洩れ日のように 優しく 包まれてた
I felt there is your love so always in my life

何でも話せるくらいの 心地良さがここにあって
当然のように甘えて来たよね
ちょっと照れ臭くてあまり口に出来ずにいた

「いつも ありがとう」

ここに あなたが残した奇跡 誇れるように、と
汚れずに 真っすぐに生きてゆくよ

花のように 憂い眩い微笑み いつでもそばにあった
離れていたって 何より強い絆 躰に流れている
あなたの笑顔が あなたのその手が あなたの強さが
ずっと守ってきたもの ほら 今 輝くから
I felt there is your love so always in my life

花のように 憂い眩い微笑み いつでもそばにあった
離れていたって 何より強い絆 躰に流れている
あなたの笑顔が あなたのその手が あなたの強さが
ずっと守ってきたもの ほら 今 輝くから
I felt there is your love so always in my life