Tasogare Romance

Lyricist: 新藤晴一    Composer: 新藤晴一

君の前では何故こうも ただの男になるんだろうね
優しいウソも繕えず言葉になる
足りないなら問いつめてよ いらないなら捨ててよ
もとから見当違いなら承知さ

はしゃぎすぎた季節から黄昏に変わってゆく
僕は上手に乗れてはいないけれど

何一つ終ってやしないのに まだ生きるとして
僕らには始まりや始まってないものばかりさ ねぇ気付いてる?

いつの日か年老いて終わりを感じながら
公園のベンチで思い返してみる

君にとっての幸せがいったいどこにあったのか
ひとつくらいは増やせてあげられたかな

君のすべてわかってあげたい ひとつも残さず
いつの日か君が話す全部に頷けるようにね そっと Close to your life

何一つ終ってやしないのに まだ生きるとして
僕らには始まりや始まってないものばかりさ ねぇ気付いてる?