Sunday kitchen

Lyricist: 小渕健太郎    Composer: 小渕健太郎

小雨のSunday 網戸に張り着く
枯葉が落ちるまで 枕にかぶりつく
僕なんかシカトで 髪を乾かす君に
話しかけても
聴こえないふりなのか?
うなじが僕を にらむ

「今日は一緒に 夕飯でも作ろうか?」
ドライヤー止め 咳き込む声が
微笑み混じり

道を挟んで 向かいの通りに
出来たスーパーマーケット
カートを押しながら
勇敢な君の 足取りにはぐれぬよう
着いてゆきましょう
無駄なもの 一つでも
いれようもんなら まるで

子供のように しかられるこの時が
何故か 心 優しくする
鮮やかな fruits

台所に 小刻みな音が響く
どんな楽器も 出せないような
明るいリズム
君の作る 一つ一つにいつも
感じる 愛を おなかいっぱい
今日もありがとう