突如其來的狂風巨浪

Lyricist: あいみょん    Composer: あいみょん

孤独を知る旅に出よう
相棒はとりあえずいらない
道無き道の片隅にいた
頼りない目をした猫が泣いたんだ
「お願い 僕に夢を見せて」と

根拠もない 足跡もない
紡いだ言葉もそれほどないけれど
ついておいで きっとこの先も
嵐は必ず来るが大丈夫さ

このまま海の方まで歩こう
とんでもない獣がいるかもな
その時は頼りない爪でひっかいて
守ってあげるから

なんて言えたら
もっと強くなれるかな

今度こそ光ってやる
ドブの中にいた あの日にサヨナラ
どうしても弱ったなら
また君の腕の中で眠らせて

たちまち嵐の中、
吹く風 目の奥に刺さる
現実と高い壁が
襲いかかる 身体を巻き込む

退屈な日々がこんなにも
激しく回ってる 旅はまだ続く
根拠もない 足跡もない
紡いだ言葉もそれほどないけれど
進んで行こう きっとこの先も
嵐は必ず来るが大丈夫さ