御祭騒ぎ

Lyricist: 椎名林檎    Composer: 椎名林檎

毎日が勝手に過ぎ行く夏の終わり
今夜間に合えば直に掴めそうです

生を受けた此の時代の歯車と
今夜こそやっと歯が噛み合いそうです

抜け出そう行かなきゃ
今日は何だか違うの
出掛けよう時間がない
実際の季節に期待して

放生(ほうじょう)を行い此の世代を祝おうと云う
こんな折に何ともまあお誂え向き

こよなく愉しいよ
今日は何だか違うの
少しも恐くない
実際の祭に魅了され

綿菓子
水笛
見知らぬ他人の汗
桃色雛や見世物小屋の嘘

全てが初めて
今日がもう来ないことを知ったのも初めて
林檎飴が紅い
そして私は生きている!
今日現在を歩いているんだ
何も無い私だって融け合っているのさ
嗚呼