Wildflower

Lyricist: 越智志帆    Composer: 多保孝一

果てまで続く坂道を登る途中で
アスファルト揺らす陽炎ゆらゆら
不気味な太陽容赦ない強さで今日も照らしてる
枯れないように倒れぬように奮い立たせる
幼きころはわけもなくまっすぐ歩いて
いつからかそれなりの理由見つけた
運命だろうか夢か使命かわからないまま
時折懸命に悩みながら知ってく私を
咲き誇れワイルドフラワー荒野のど真ん中で
過ぎ去っていく毎日に根を張り生きる
どこまでも探してる一粒の涙を
静かに深く呼吸をしてまた歩き出す

月と通り雨乾いてた喉を潤し
静寂に心委ねて眠ろう
苛立つ感情は夜に沈めて捨て去ってしまおう
曇らぬように信じながら朝を待ってる
咲き誇れワイルドフラワーにじんだ空の下で
凍えた心を抱きしめて誓う
たくましくひたむきな私に生まれ変わる
静かに深く呼吸をしてまた歩き出す

同じ涙流すのなら喜びの涙を
大地を伝いそしてまた強くなる、きっと
咲き誇れワイルドフラワー荒野のど真ん中で
いつまでも輝けるように根強く生きるんだ
どこまでも探してる一粒の涙を
目を閉じて一つ呼吸をしてまた歩き出そう