Samishisanihiwokube
From
thread
Released

Samishisanihiwokube

Lyricist: TAKUMA    Composer: TAKUMA

ポケットの裏地を握って (I grabbed the lining)
溢れてこぼれそうな昔を (inside of my pockets.)
舌打ちして蹴飛ばすと (I clicked my tongue and)
西日が肩を抱いてくれた (kicked away at my full past.)

僕がずっとそこにあると思ってた
たった一つの願いは
太陽が明日へ旅立つ様に消えた

生きる意味なんか最初から
無く日替わりの心をただ乗りこなす
思い出が美しさを増すのは
僕の心が汚れてくからさ
あぁ僕は忘れた事にしてみた

ポケットの裏地を握って (I grabbed the lining)
溢れてこぼれそうな昔を (inside of my pockets.)
舌打ちして蹴飛ばすと (I clicked my tongue and)
西日が肩を抱いてくれた (kicked away at my full past.)

僕がずっとそこにあると思ってた
たった一つの願いは
太陽が明日へ旅立つ様に消えた

朝焼けは何とはなしに
あなたを郷愁と共に思い出させて
僕は寂しさに火を焼べ少しずつ
日々を掻き分けてゆく
あぁ時はまた先を急いだ

僕が夢見た世界はあの頃と変わらないまま
僕が時に流されてつまらなくなっただけ

生きる意味なんか最初から
無く日替わりの心をただ乗りこなす
思い出が美しさを増すのは
僕の心が汚れてくからさ
あぁ僕は忘れた事にしてみた

世界に別れを告げる日の朝
僕は誰を想うのだろう
君に別れを告げる日の朝
僕は何を言い残すのだろう
世界に別れを告げる日の朝
僕は 僕は