漂流
From
漂流
Released

漂流

Lyricist: マオ    Composer: Shinji

慌(あわ)ただしく 目(め)を閉(と)じた
日々(ひび)の喧騒(けんそう)
ひとときでも
安(やす)らぎ 欲(ほ)しくて

いつからか 交差(こうさ)した
理想(りそう)と現実(げんじつ)
逃(に)げたいんだ
逃(に)げたくないんだ

吹(ふ)き抜(ぬ)ける風(かぜ)の中で
もがくように 生(い)きてるから

あの空(そら)の 向(む)こう
側(がわ)へいこう
臆病(おくびょう)に歩(ある)きだした
僕(ぼく)たちは
不揃(ふぞろ)いな歩幅(ほはば)
合(あ)わせて
誰(だれ)にも
邪魔(じゃま)はさせないから
壊(こわ)れそうなほどに
弱(よわ)くて 綺麗(きれい)で
大事(だいじ)なもの

奥(おく)の方(ほう)で 鳴(な)りやまない
期待(きたい)と重圧(じゅうあつ)
もうこれ以上(いじょう)
僕(ぼく)を染(そ)めないで

揺(ゆ)れた日(ひ)も 泣(な)いた日(ひ)も
止(と)まった日(ひ)も
いつも傍(そば)に 君(きみ)がいたから
もう少(すこ)し あと少(すこ)しを
繰(く)り返(かえ)すけど 変(か)われなくて

何故(なぜ)
こんなにも苦(くる)しいのだろう
自問自答(じもんじとう)の迷路(めいろ)へ
夜明(よあ)け前(まえ)が
いちばん暗(くら)い そうだろ?
今(いま)は届(とど)かない声(こえ)だけど
真夜中(まよなか)の漂流(ひょうりゅう)
お願(ねが)い その手(て)は
離(はな)さないで

吹(ふ)き抜(ぬ)ける風(かぜ)の中(なか)で
僕(ぼく)ら
もがくように 生(い)きていこう

あの空(そら)の 向(む)こう
側(がわ)へいこう
臆病(おくびょう)に歩(ある)きだした
僕(ぼく)たちは 不揃(ふぞろ)いな歩幅(ほはば)
合(あ)わせて

何故(なぜ) こんなにも苦(くる)しいのだろう
自問自答(じもんじとう)の迷路(めいろ)へ
夜明(よあ)け前(まえ)がいちばん暗(くら)い
そうだろ?
今(いま)は届(とど)かない声(こえ)だけど
真夜中(まよなか)の漂流(ひょうりゅう)
お願(ねが)い その手(て)は
離(はな)さないで

離(はな)さないから