Daylight

Lyricist: Eir    Composer: 津波幸平

夢で 見つめ続けてた
届きそうで 届かない光
大切なものは どんな時だって
届かないから欲しくなるの

未熟 たったそれだけの
言葉なんかで片付けられるの?
胸に小さな秘密 抱きしめて

君がいれば目の前の
全てが輝いて
心の中がそっと
暖かい温もりに包まれる

聞こえる?
胸の鼓動が高鳴ってるよ
君への気持ちが芽生えてるよ
何もかも 溢れて 溢れてしまうの
たとえ涙に遮られても
あの日二人見つけた光まで
きっと いつか 届く
手を繋げば どんな未来でもDaylight

君に何ができるかを
考えた時 私はこうして
ただ 寄り添えば 良いのかな

黒い歯車がそっと
今になって噛み合う
うるさい金属音が
始まりの合図を奏でていた

僕らは 縛り付けられたこの世界で
一体何を見つけられるだろう
怖くても 一歩ずつ一歩ずつ 歩くの
君の弱さを全部抱きしめよう
だからどうかその目であの光
見つめ 君が掴め
この世界に 静かな終止符を

もうどれだけ涙を
こぼしたのかなんて
わからないけど 振り向いたら
たくさんの思い出たちと誰かの笑顔
それがあれば 明日だって
その先だって信じられる

聞こえる?
胸の鼓動が高鳴ってるよ
君への気持ちが芽生えてるよ
何もかも 溢れて 溢れてしまうの
たとえ涙に遮られても
あの日二人見つけた光まで
きっと いつか 届く
僕らが持つ 未来の扉を
二つの手で 開くよ さあ
待ってるのはDaylight