ONE

Lyricist: 大胡田なつき    Composer: 成田ハネダ

白か黑か いずれが混じったか 混ざったか
あいまいなラインは 滲んだままかな
願う君の 私になれますようにと

目と目を合わせたら 火花咲かせるようだ
ささくれがとげになって 抜けないよ 君のようだ
それでも幸せだった 前借りした未来の
終わりを待てるほど 強くも弱くもない

白も黒も 似ても似つかぬものでも
指先の温度で 溶けてあふれてた
君のしぐさ 見てたよう違う気配が

目と目を合わせたら 火花舞い落ちるようだ
かけたかけらが刺さって 消えない音を刻んだ
それでも幸せなんだ せつないつきのたび
過去にもどれるから それほど悪くもない

白か黒か選ぶんだ あいまいなラインだ
何を得てどうした ひとつだけ残した

目と目を合わせたら 火花咲かせるようだ
ささくれがとげになって 抜けないよ 君のようだ
それでも幸せだった 前借りした未来の
終わりを待てるほど 強さも弱さも

目と目を合わせたら 火花舞い落ちるようだ
残像がまとわりついて 消えないよ 君のせいだ
さよなら幸せだった 君は思い出の中
孤独を知ることも それほど悪くもない