キミモノガタリ(第31話〜第41話)

Lyricist: TETSUHIKO    Composer: TETSUHIKO

届け 届け 遠くへ
今を起死回生 涙 預けて
この扉の向こうに
まだ見ぬ明日が訪れるから
はじまれ
長い 長い キミモノガタリ

失くして 気づいて
叫んで もがいてた日々が
この道の少し先を
また照らしてる

涙って涙って
嬉しいときに流したい
綺麗な水たまり
浮かべたいのは何?

南の空に瞬いている
星の数ほどの出会いから
愛を学んだり 地図をもらったり
つながってく

届け 届け 遠くへ
今を起死回生 涙 預けて
この扉の向こうに
まだ見ぬ明日が 訪れるから
はじまれ
長い 長い キミモノガタリ

さよならと手を振った
あの娘は一度も後ろを
振り返らずに
人波のまれて消えた

心のレンズを曇らせるのは
自分がついてたため息さ
まばたきさえも惜しい場面を
なくしてた

届け 届け 遠くへ
今を起死回生 涙 預けて
乾く風の中でも
ボクらは枯れない泉になって
はじまれ
長い 長い キミモノガタリ

そう ひとりじゃ何も出来ないよ
でも 自分にがっかりしないで
ほら キミのエンジンは静かに灯がともりだす
今夜 待つのも待たせることも
得意じゃないから奪いにゆく
そんなキミは間違いじゃないさ

届け 届け 遠くへ
今を起死回生 涙 預けて
いつかめくるページに きっとたくさんの人が溢れる
はじまれ
長い 長い キミモノガタリ

ここからはじまれ
ひとつだけのキミモノガタリ