天使之歌

Lyricist: 小渕健太郎     Composer: 小渕健太郎

午前0時の 時計台で
天使達が唄う愛の歌
会えない夜 重ね続けてばかり
泣かないでおくれよ
涙は 雨よりも冷たいから

「ごめんね」は言わないよと
約束してたのに
この手を握る君の指が ほらね
震えてる 寒さより
寂しさに凍えてる

涙が雪のように
この街に降り積もるよ
今 聴こえてる 愛のメロディーは
ただ 二人だけの魔法

朝になれば 窓辺の雪も
二人の魔法も解けてゆくから
笑い話で 暖めよう 誰にも
言えない気持ちに
つぶれそうになる前に
ここで 夢を見よう

「好きだよ」と言えば言うほどに
苦しくなる恋でしょう
だけど僕は言うよ
「好きだよ」 きっと
何度でも 苦しみを
越えるから結ばれる

想い出は今日から
作り出してゆけばいい
まだ 僕等には
知らない未来がある
今 待ちわびる春も

真実よりも 重たいもの背負うさだめさ
いつの日か 飛び立とう
真っ白なこの空へ

雪が羽になって 羽ばたく心に積もる
この恋あきらめそうな夜は 思い出そう
この場所で 巡り合えた奇跡を
I love you 切ないね
いつか遠い街へ行こう まだまだ
僕等には 知らない未来がある
悲しみの果てに
鳴り止まない 愛のメロディーが
ほら 心溶かしてく
君を抱き寄せる 背中に
愛が降りてくる