藉口Maybe (言い訳Maybe)

Lyricist: 秋元康    Composer: 俊龍

いつもの道を (いつもの道を)
走る自転車 (走る自転車)
立ち漕ぎの 汗が揺れる
9月のそよ風

休みの間 (休みの間)
会えずにいたら (会えずにいたら)
君のことが 気になってきたんだ

ただの友達と 思っていたのに
今すぐにでも君に
君に会いたい

Maybe Maybe
好きなのかもしれない
青い空には 雲はひとつもない
Maybe Maybe
好きなのかもしれない
それが恋だと わかってるけど
言い訳 Maybe

教室の窓 (教室の窓)
カーテンが揺れ (カーテンが揺れ)
2学期の 君はどこか
大人の横顔

「どんな休みを (どんな休みを)
過ごしていたの? (過ごしていたの?)」
話し方が ぎこちなくなりそうで…

気づかれないくらい
髪を切ったんだね
僕は遠くで君を
君を見ている

Maybe Maybe
そんな勇気はない
Probablyに近い
もっと 確かなもの
Maybe Maybe
そんな勇気はない
ずっと このまま片思いでいい
言い訳 Maybe

愛しくて 切なくて
どうにもできなくて
愛しくて 切なくて
僕は苦しい
好きだ 好きだ 好きだ
君のことが あ~本当は好きだ

Maybe Maybe
そんな勇気はない
Probablyに近い
もっと 確かなもの
Maybe Maybe
そんな勇気はない
ずっと このまま片思いでいい
言い訳 Maybe