手紙

Lyricist: 椎名林檎    Composer: 伊澤一葉

前略
貴方が今日、その手を隠しても代わりに瞳が何かを捕らえ、
独りでにまた研ぎ澄まされて新しい力を携えるでしょう。
確信を持つのは当然なこと、何故なら。
あー貴方はもう群青(あお)さに甘えずに戻らない路(みち)を選ぶと云っている、
私ももう溜め息は漏らさない。美しい貴方の決断がため。

大人になった私達には何時(いつ)でも答えが要るんだね。
「恐い。」と、惑っている間(ま)にも生命(いのち)は、燃えてしまう。

祈っているよ。貴方の色が、どんなに酷く澱(よど)んだって
変わらないさ。伝えたこと、遥か遠くで
方位を失っても、どうか憶えていて。

私はずっと唄っている。

昔はもっと、季節の過ぎ行く速度が遅く思えていたのに。
近頃、何だか速くなるみたい。為(な)すべきことが山積(やまづ)みになる。

大人になった私達には今直(す)ぐ答えが欲しいよね。
途中で迷っている間にも、生命が芽生える。

願っているよ。貴方の夢は、どんなに濁(にご)る世界だって壊せないさ。
望んだ侭、突き進んで居て方位を誤ったら、そっと思い出して。

追伸
背負っても潰されないのは、今日も貴方が生きていると信じていて、
疑わずにいるからなんだよ。(ほんの些細(ささい)な理由)どうかお元気で・・・。

私はずっと唄っている。