ブルーに泣いてる

Lyricist: 松井五郎    Composer: 玉置浩二

かわいた都会(まち)が モノクロに
硝子の夢をくだいてしまう
遠い記憶のやさしい想い
もう手のひらをこぼれ

ひとりきりで瞳(め)をとじて
心のありかを捜すけど
迷いかけた溜息が
ブルーに泣いてる

ことばの向こうでちぐはぐに
誰かが罠をはりめぐらして
抱いているほど抱かれてるようなら
なぜ振り切れもしない

ひとりきりで見てるのは
鏡の疲れた背中だけ
まぎれこんだ夜までが
ブルーに泣いてる

ひとりきりで行けるのに
心は誰かを待っている
ふりかえれば風さえも
ブルーに泣いてる