夜鷹之夢 - 動畫<機獸創世紀>片頭曲

Lyricist: Saiko Kawamura    Composer: D·A·I

夜の闇にまぎれ
僕等 低空で飛び續けた
月は何も知らず
低く エンジンが響いてた

そこにどんな人が
暮らし 笑い合っているのしょう
そこでどんな夢が
生まれ 育まれていたのでしょう
地圖に示された 名も讀めない町
今夜も 正義を御旗に

生きとしいけるもの全て
燒き盡くす紅蓮の炎(ひ)が
真下に流れる
予定どうりに機首上げて
彈藥庫の蓋閉じて
勝利の旋回
何も 見ない 何も 聞かず
何も 何も 何も 何も

まるで祝うように
花火 ささやかに打ち上げてる
怒り 嘆き 悔やみ
そして 憎しみを受け止める
朝日より早く まぶしい光が
突然 ガラスを碎いて

生きとしいけるもの全て
同じ色 真紅の血が
胸から流れる
力なく握る操縱桿
振り向き叫んでみても
誰も答えない
月が 遠く 霞み 消える
母も 父も 友も 君も

生まれた國が違うなら
こんな砂漠の朝燒け
見ずに生きてゆく
曉の空に夜鷹が
はぐれてもう戾れない
流れ星になる
生きとしいけるもの全て
同じ色 真紅の血で
命を 育てる
どんな正義をかざしても
流れ出る真紅の血を
止められはしない
夢を 見てた 長い 夢を
長い 夢を 長い夢を