悲夢之歌

Lyricist: 倖田來未    Composer: 山口寛雄

想いもよらない 夢をなぜだろう
見てる 毎日
君の事はもう 忘れたはずなのに
この胸に 止めどなく 溢れてく

君のすべてを
誰よりも そう
こんなに想っているのに
また今日も一人
目が覚めたなら
叶わない夢 知りながら
君に溺れてく



今も捨てられない
君の ライターや タバコのかけら
また時間が たてば すねながら 君が
帰って くる様な 気がして
今夜 眠りに つく頃そっと
私の 夢で会いに来て 数えきれない
夜を そう君と 過ごせたなら
もう何も いらなかったのに…

会いたい 会えない 気持ちと現実が
目の前が 滲み
歪んで見えるよ
どうかお願い もう泣かないで
心迷ってしまうけど

君のすべてを
誰よりも そう
こんなに想っているのに
また今日も一人
目が覚めたなら
叶わない夢 知りながら
君に溺れてく