青い雨は降りやまない

Lyricist:     Composer:

春が 過ぎた空は灰色に覆われ
降り出す雨は憂いた 記憶まで連れてくる

濡れて 冷たい足元の赤いスニーカー
平気ですか、と指さす あなたの姿が浮かぶ

ただそばにいるだけで
心の色彩が少し濃くなる
気がして 思いがけず
目覚めた恋が息をしていた

言わなかった 口の中あふれる甘い水
のみこむたび喉の奥焼けて 痛んだ
今でもまだひそかにヒリついて
身体は 時に流されここにいるけど
心はずっとあの日々をさまよってる
ちっぽけな胸を濡らす
青い雨はまだ降りやまない

ふいに ひらいて差し出された青い傘
晴れた空よりも澄んだ 青が目の前にあった

あなたは素直なひとだ
傘の下にふたり肩ならべても
その瞳の 真んなかに
私が映ることはなかった

春が 過ぎた空の灰色が泣いてる
言えなかった 口の中あふれる甘い水
のみこむたび 喉の奥焼けて 痛んだ
あなたのものになってみたかった
たった一度でいいからその瞳のなかで
“特別なひと”として 触れ合いたかった
ちっぽけな胸を濡らす
青い雨はまだ降りやまない

それでも季節がめぐるように
憂鬱な心をあたためる青空が
ちっぽけな胸を照らし
いつの日か そっと輝くかな