如果有一天

Lyricist: 北川悠仁    Composer: 北川悠仁

少しずつ街の 風も冷たくなってきたから
風邪をひきやすい あなたの事が気になります
冬の匂いが 僕を通り抜け始めると
溢れる程 切なくて逢いたくて…

傷つきながらもがきながら
僕達は明日という日を 夢見て生きていく

いつか又どうしょうもなく 寂しくなったその時は
何処にいても何をしてても 駆けつけてあげるから
ありふれてる言葉なんて 捨て去ってしまおう
何も要らないあなたがいる それだけが僕の全て

今年は雪が降るのかな?
びしょ濡れになって はしゃいだあの日
降り積もった 真白な雪は
全ての事を 包み込んで行くだろう…

戸惑いながらつまづきながら
僕達は昨日という日を かみしめて歩いて行く

いつか又どうしょうもなく 寂しくなったその時は
何処にいても何をしてても 駆けつけてあげるから
ありふれている言葉なんて 捨て去ってしまおう
何も要らないあなたがいる それだけが僕の全て

Wo,ho ho ho
大事なことをごまかしながら 誰もが目をつぶり
一人ぼっちになりそうになっても もう大丈夫だから

いつか又大きな波みが あなたを連れ去ろうとしても
全ての力使い果たし 守ってあげるから
時間は過ぎ人は流れ 何もかも見えなくなっても
ここに居るすぐ傍に それだけが僕の全て

不安を抱き 悲しみに打たれ
信じる事に 挫けそうになっても
あなたを想い唄い続けて行く それだけが僕の全て