Sorrows

Lyricist: Ayumi Hamasaki    Composer: Tetsuya Yukumi


手を伸ばしてももう遲くて
取り戻せないことに気付いた
愚かな私は遥か遠い
所まで逃げて来ていた
見上げた空はもう誰とも 繋がってなどいない気がした

强く風吹いた時 雨が打ちつけた時
君だけが僕を諦めずにいたんだよ
すごく淋しい夜も 苦しかった朝焼けも
君を想えば負けてなどいられなくて

まだ間に合うなら遅くないなら
もう一度愛を信じれるかな
强くなんてならなくていいから
僕が守るからって言ってた
空に震える手をかざして 君に届けと今叫んでいる

强く風吹く時も 雨に打たれる時も
君を見つめ真っ直ぐにと歩いていく
すごく淋しい夜も 苦しい朝が来ても
ここで夢を紡いでくよ 君のために

まだ指さされてるかな
まだ許されてないかな
そんな僕を見て君は泣いてるかな
もしも滑稽だって
もしも笑われたって
二度と諦めたりしない 君のために

こんな世の中だって
狂った世界だって
君のその綺麗さが僕を生かしてる
こんな世の中だって
狂った世界だって
君の綺麗さが哀しいほど好きだから