Birds
From
残像
Released

Birds

Lyricist: 山村隆太    Composer: 阪井一生

あんな風に生きたいな 大空で 羽根を拡げて
風に吹かれて泳ぐ鳥のように
重力に逆らって もがいたって 弄ばれ
届かぬ叫びはポロリ こぼすシャボン玉

背伸びしてた ただ我武者羅な本気の恋も
果てはすべて 空回りで萎えた花束
鼻の穴を膨らませ こじ開けた夢も 今はまるで空っぽのおもちゃ箱のよう

心の中にある景色 目の前にあるレシピ ふたつの間で揺れてる現実
"鳥になれたら…なんてマジで言葉にして微笑えた

あっちこっち飛んだって「自分」なんて どこにもいなくて
逃げも隠れもしないで 未来へ
ドンナモンダ胸張って「自分だ」って そんな歩幅で
歩いてく勇気抱いたら 手に入れた翼

テレビの向こう 流行りの曲歌いあげてくシンガー
手振り 仕草 大げさなブレス夢中で憧れた
ものまねレベルのマニュアル 型にはめ込まれて
"自分らしくいることなど 誰ができんの?"って!?

こんな自由な空で 生きて何が不幸だ 恐れるモノは何だ 命の限りに
どこへでもまだ飛んでゆける瞳は前にある

いつだってこの胸 無重力で 夢の風船
ゆっくりと上がってく 上に 上にと
360度以上 見渡せば 向う場所がある
背中はいつも感じてる 新しい風

"鳥になりたい…なんて言ってた子供の頃のテンション

あんな風に生きたいな 自由になって 空を飛びたいな
生まれ変わっても もう一度「自分」で
重力に逆らって もがいたって また起き上がれ
歩いてく勇気抱いたら 手に入れた翼

手に入れた翼