塵埃瞬間

Lyricist: 太志    Composer: 太志/OKP-STAR/大介
「一瞬の塵」
作詞∶太志
作曲∶太志/OKP-STAR/大介
歌∶Aqua Timez

始めよ

2008 扉の向こうへ
まだまだ行けるはず 可能性の証明
不透明な未來 月光が照らす
あの輝きはフローレスダイヤ?
旅から旅だ また今日から明日
逆境をモノにしたもん勝ちだ
無論 山あり谷あり崖あり
今、現在28年目の「駆け出し」
クールとは違うドライな笑い聲が
鼓膜から心臓へ冷たく走る
混じる 野次と歓聲のワンセット
これぞ健全 我以外皆我師
水溜りに映る月 飛び越え
我が身で耕すのみ
沒頭し続ける背後に
夜明けが鳥のさえずりを連れてくる
立ち込める霧はまだ
世界を滲ませてる
曖昧に漂う希望を嘲笑うかのように
I know it's not always easy but
I know somewhere that the sun is rising.
眠たげな陽射しを蹴散らして
ロクデナシなりに描いてく未來図
I know it's not always easy but
I know somewhere that the sun is rising.
月光が照らし出したのも
せいぜい錆びかけのスプーン 百も承知

メソメソと小雨が泣き出す日曜日
濡れたアスファルトの獨特な匂い
あなたは誰の腕の中で目を覚ます?
一人どうにか女々しさ片す
會いたい人を想う間に
こぼれ落ちてく一日 淋しき我
get the glory 全力を賭す
努力の範疇でだけは後悔のないように
誰かのせいにしないということは
自分自身のせいにできるかっていうことさ
胸にしまうべき言葉 聲に出すべき言葉
おのずと見えてくる
厚かましい程に堂々 放つ魂の波動砲
この清きこともなき世を
泥に咲く蓮のように
色づくまで 悲哀を溫めては
「紡ぎ歌」にしてゆく
糸くずは風に抱かれ 冬空に舞う

I know it's not always easy but
I know somewhere that the sun is rising.
降り積もる真っ白い剎那
気付けば記憶の闇に溶けていく
I know it's not always easy but
I know somewhere that the sun is rising.
俺はその闇に用がある no pain, no gain
置き去りの痛みに學ぶ
I know it's not always easy but
I know somewhere that the sun is rising.
眠たげな陽射しを蹴散らして
ロクデナシなりに描いてく未來図
I know it's not always easy but
I know somewhere that the sun is rising.
きらめきはいつも一瞬
そのために百の瞬間積み上げる