吉原輓歌

Lyricist: 亜沙    Composer: 亜沙
江戸の街は今日も深く
夜の帳カケテいく
鏡向いて紅を引いて
応じるまま受け入れるまま
橙色輝いた花
憧れてた望んでいた
いつの間にか藍色の花
けれど私安くないわ

真はただ一人の何方かのためだけに
咲いていたかったのだけれど
運命はわっちの自由を奪い、
そいで歯車を回していくのでありんす

偽りだらけの恋愛
そして私を抱くのね
悲しいくらいに感じたふりの
吉原 今日は雨
貴男様 どうか私を
買っていただけないでしょうか
咲き出す 傘の群れに
濡れる 私は 雨

行きかう群れ 賑わう声が
ひしめき合い もつれ合い
願うことは どうかいつか
鳥籠の外 連れ出して

真は行くあてなど無くなって
しまいんしたのだけれど
此方の籠の中から見える景色だけは
わっちをいつなる時も
癒してくれるんでありんす

偽りだらけの恋愛
そして私を買うのね
私に咲いた花びら
濡れる心に降るは 雨
貴男様どうか私と
一夜限りの戯れを
望むシミの数が
鈍く心に刺さる

憂いを帯びた花
望む 果てる

ようこそおいでくんなまし

恋人ごっこの夜に
吐息「あっアッ」と鳴かせて
悲しいくらいに感じた振りの
吉原今日も 雨

偽りだらけの恋愛
そして私を抱くのね
悲しいくらいに感じた 振りの
吉原今日は 雨

貴男様どうか私を
買っていただけないでしょうか?
咲き出す 傘の群れに
濡れる 私は 雨