蒼の彼方

Lyricist: hotaru    Composer: 伊藤和馬

世界の果ての色が 何色が分かったよ
海よりも 空よりも 深くて永遠の蒼
歩みだした、その刹那 眩やさにとらわれてた
何かが変わってく兆しが 見えた気がした

潮騒が運んできた 真っ新しいソルフェージュ
軽やかにそっと頬を撫でて 導いている
言葉を交わすより先 想い交わす仲間たち
織りなす波のようなシンフォニー 重ねてきたね

テンポは早めで 追いつけ走る心で
待ってなんかいられないんだよ

そこの蒼の彼方には 何があると分からないから
せーのーで飛び込んでみたんだ
そしたら遠くの未来から 応えてくれた気がしたから
迷うわけないんだ

眼の前に今 広がってく光の中 見つけたよ

晴天のすぐあとに 嵐がやってくるように
喜怒哀楽とのハーモニーで めくるめく日々
悲しみに暮れたあとに 慈しむことを知って
そして見えてきた機微の前 立ち止まったり

テンポを落として ゆっくり 躊躇しないで
大切に進んで行こうよ

そう、あの虹の行く先は きっと誰も知らないんだから
もっと切り開いてみたい
いつでも前向いていようと 心奮わせ決めたんだから
不安より期待を
目の前にまた果て無い道が続いても その先へ

幾千の出会い 大げさじゃない 奇跡だった
満天の星にも 海の泡沫にも 劣らぬ数の人の想い
すべてが今も 息づいて生きてる

昨日までの自分じゃきっと 気づくこともできなかった
色を増してゆく景色に
雲を断ち切る朝陽に 負けないくらいに
昨日を超えよう

そう、この蒼の彼方には 何があるかわからないから
せーのって飛び込んでみたんだ
そしたら遠くの未来から 応えてくれた気がしたから
迷うわけないんだ
目の前に今広がってく光の中 見つけたよ

世界の果ての色が 何色かわかったよ
海よりも空よりも深くて 永遠の蒼
それでも止まらないよ 答えを探したんじゃない
永遠に前に進んでいこう この蒼のように