夏恋花火 (feat. GUMI)

Lyricist: 40㍍P    Composer: 40㍍P

押し潰されそうな人ごみ
見失いそうで不安になるけど

足早に歩くあなたの背中
追いかけることが精一杯で

キラキラ光り出す星
湧き上がる歓声
ふと触れた右手が熱くなってく

夜空に浮かぶ残像に願いを込めた花火
儚げなその光を祈るように見上げた
誰にも聞こえぬ声で呟いた「消えないで」
そっと、あなたと手を重ねた場所に宿る光


着慣れない浴衣姿も
繋いだままのこの右手も

いつもより近いふたりの距離が
恥ずかしくなってうつむいていた

ヒラヒラ 舞い散る花
消えてゆく閃光
届くような気がして手を伸ばすけど

夢に描いた一瞬を照らし出してよ 花火
繋いだあなたのその手見失わないように
誰にも聞こえぬ声で呟いた「消えないで」
そっと、ふたりが過ごす未来に降り注ぐ花びら


夜空に浮かぶ残像に願いを込めた花火
儚げなその光を祈るように見上げた
誰にも聞こえぬ声で呟いた「消えないで」
ぎゅっと、ほどけそうになった手を握りしめた

あなたがくれた一瞬を胸に焼き付けて花火
決して忘れることなどできないようにと
あなたに聞こえるように囁いた「離さないで」
ずっと、輝き続ける光 ふたりだけの花火