黎明的孤獨

Lyricist: 秋元康    Composer: 川浦正大

夜明けに家を出て
過去なんか捨てたけど
自分のその足音が
追いかけて来るんだ

誰にも気付かれず
どこかに消えてしまいたいよ
影もできない
まだ薄暗い街

フーウーウウー
引き止めるもの
フーウーウウー
もう何もない

生きるとは孤独になること
愛に甘えるな
群れの中 守られていても
本当の道は絶対
見つからない

誰かのやさしさが
何だか重荷に思えてきた
わざと無視して
嫌われたかった

フーウーウウー
そんな器用に
フーウーウウー
ああ 生きられない

命とは何なのでしょうか?
誰のためにある?
使い道 どうすればいいか
答え 探しながら
歩いてく

生きるとは孤独になること
何を捨てればいい
降り出した雨に濡れながら
今日は昨日よりも
強くなる
​​​​