kaze

Lyricist: 小渕健太郎    Composer: 小渕健太郎







薄手のシャツじゃまだ 少し寒い春の
うすでのシャツじゃまだ すこしさむいはるの
usude no shatsu jamada sukoshi samui haru no

朝の匂いが切ないのは あなたを想い出すから
あさのにおいがせつないのは あなたをおもいだすから
asa no nioiga setsunai no wa anata wo omoi dasu kara


足早な人波 立ち止まり見上げれば
あしばやなひとなみ たちとまりみあげれば
ashibaya na hitonami tachi tomari miage reba

春のぬくもりが恋しくて 強い風 待ちわびる Oh~
はるのぬくもりがこいしくて つよいかぜ まちわびる Oh~
haru no nukumoriga koi shikute tsuyoi kaze machi wabiru Oh~


舞い上げる花びらに吹かれて あなたと見た春を想う
まいあげるはなびらにふかれて あなたとみたはるをおもう
mai age ru hanabira ni fukare te anatato mita haru wo omou

うつむくまで気付きもしなかった どうしてだろう? 泣いてた…
うつむくまできづきもしなかった どうしてだろう? ないてた…
utsumukumade kiduki mo shinakatta doushitedarou naite ta



こみ上げる想いは 誰に届くのだろう
こみあげるおもいは だれにとどくのだろう
komi age ru omoi wa dare ni todoku no darou

指先をつないで歩いた あなたにはもう届かない Oh~
ゆびさきをつないであるいた あなたにはもうとどかない Oh~
yubisaki wo tsunaide aruita anata ni wa mou todokanai Oh~


胸の奥に覚えた痛みが 冬を越えて 溶け出す頃
むねのおくにおぼえたいたみが ふゆをこえて とけだすころ
mune no oku ni oboe ta itami ga fuyu wo koe te toke dasu koro

迷いの中わずかな光が 照らす場所も見えなくて
まよいのなかわずかなひかりが てらすばしょもみえなくて
mayoi no naka wazukana hikari ga terasu basho mo mie nakute

Hoo~ Oh~



人は誰も 恋をして初めて知る 本当の自分の
ひとはだれも こいをしてはじめてしる ほんとうのじぶんの
hito wa dare mo koi wo shite hajime te shiru hontou no jibun no

弱さと強さと 向き合っていくんだ 雲が遠ざかる Wu~
よわさとつよさと むきあっていくんだ くもがとおざかる Wu~
yowasa to tsuyosa to muki atte ikunda kumo ga toozakaru Wu~


あなたを忘れてしまう程の 恋が胸を焦がす日まで
あなたをわすれてしまうほどの こいがむねをこがすひまで
anata wo wasure te shimau hodo no koi ga mune wo kogasu himade

この道は誰とも歩けない あの日のように
このみちはだれともあるけない あのひのように
kono michi wa dare tomo aruke nai ano hi no you ni

舞い上げる花びらに吹かれて あなたと見た春を探す
まいあげるはなびらにふかれて あなたとみたはるをさがす
mai age ru hanabira ni fukare te anatato mita haru wo sagasu

小さなつむじ風鳴いている
ちいさなつむじかぜないている
chiisana tsumuji kaze naite iru

この風は あなたですか? 次の春も吹きますか?
このかぜは あなたですか? つぎのはるもふきますか?
kono kaze wa anatadesuka tsugi no haru mo fuki masuka

Hoo~ Hoo~