Lyricist: 楠本純一    Composer: 楠本純一

何をしてもよいリアクションの
君を笑わせることができるのなら
それ以外はどうでもよかった
そんなことを考えていたんだよ

あの日から僕らのストーリーは
動き始めたまるで機関車のように
背伸びして大人にならないで
そんなに急がないでいいんだよ

ありがとうちゃんと言えるかな
君は用意着々旅の支度をするのさ
僕はちゃんと笑えるかな
明けない夜などどこにもなかった

夏休みどこへ行こうかって
ページをめくる指先も嬉しそうで
遅くまで眠りたくなかった
それは特別なことなんだよ

流れ星ちゃんと見えるかな
いつか誰も触れない星を抱きしめたとき
君はちゃんと守れるから
壮大な夢を今描いてくれ

宵の空に浮かぶ三日月
ふわりふわりと柔らかいシーツに
溶けて君とみてる暁
あと何回くらい過ごせるんだろう

僕はちゃんと言えるかな
君は用意着々旅の支度をするのさ
みんなちゃんと笑えるから
明けない夜などどこにもなかった