Manten

Lyricist: 梶浦由記    Composer: 梶浦由記

静(しず)かに瞬(またた)く
星(ほし)たちの散(ち)り逝(ゆ)く空(そら)
届(とど)かぬ祈(いの)りが
天(てん)と地(ち)を満(み)たしてた

細(ほそ)い枝(えだ)に光(ひか)るのは
咲(さ)き忘(わす)れた未来(みらい)
まだ名残(なごり)惜(お)しそうに蕾(つぼみ)を落(お)とした

ほら、もう時(とき)は満(み)ちて
実(みの)る黄金(きん)の果実(かじつ)
その手(て)で摘(つ)み取(と)るだけで
世界(せかい)は終(お)わるから

穢(けが)れぬものとして降(ふ)る雪(ゆき)の白(しろ)さは
温(ぬく)もりを知(し)れば消(き)えてしまうの
奇麗(きれい)な夢(ゆめ)だけが貴方(あなた)を切(き)り裂(さ)いた
冷(つめ)たい瞳(ひとみ)の優(やさ)しさと真実(しんじつ)

激(はげ)しく瞬(またた)く星(ほし)たちは天(てん)に背(そむ)いて
仇(あだ)なす祈(いの)りが
この空(そら)を墜(お)とすまで

私(わたし)を弔(とむら)う為(ため)の
花束(はなたば)はいらない
心(こころ)が潰(つい)えぬうちに願(ねが)いを叶(かな)えて

見届(みとど)けてみたい
人(ひと)の望(のぞ)みが
燦々(さんさん)と光(ひかり)に満(み)ちる時(とき)を

翼(つばさ)を欲(ほ)しがって誰(だれ)もが泣(な)いていた
命(いのち)が奏(なか)でる
満天(まんてん)のコーラス

焼(や)け焦(こ)げた願(ねが)いが
空(そら)を抉(こ)じ開(あ)ける頃(ころ)に
懐(なつ)かしい故郷(こきょう)は
きっと花(はな)の盛(さか)りでしょう

激(はげ)しく瞬(またた)く星(ほし)たちの夢(ゆめ)の跡(あと)

安(やす)らぎのあると人(ひと)の言(い)う
最果(さいは)てまで
月影(つきかげ)優(やさ)しく
行(ゆ)く路(みち)を教(おし)えてよ

静(しず)かに瞬(またた)く星(ほし)たちの
祈(いの)りの空(そら)
貴方(あなた)の叫(さけ)びで
この夢(ゆめ)が終(お)わるまで