四處遊走(アルクアラウンド)

Lyricist: Ichiro Yamaguchi    Composer: Ichiro Yamaguchi

僕は歩く つれづれな日
新しい夜 僕は待っていた

僕は歩く ひとり見上げた月は悲しみです
僕は歩く ひとり淋しい人になりにけり
僕は歩く ひとり冷えた手のひらを見たのです
僕は歩く 新しい夜を待っていた

覚えたてのこの道に 夜の明かり しらしらと
何を探し回るのか 僕にはまだわからぬまま
嘆いて 嘆いて 僕らは今うねりの中を歩き回る
疲れを忘れて
この地で この地で 終わらせる意味を捜し求め
また歩き始める

正しく僕を揺らす 正しい君のあの話
正しく君と揺れる 何かを確かめて

声を聞くと惹かれ すぐに忘れ つらつらと
気まぐれな僕らは 離ればまれ つらつらと
覚えたてのこの道に 夜の明かり しらしらと
何が不安で何が足りないのかがまだ解らぬまま

流れて 流れて 僕らは今うねりの中を泳ぎ回る
疲れを忘れて
この地で この地で 終わらせる意味を捜し求め
また歩き始める

悩んで 僕らはまだ知らない場所を知るようになる
疲れを忘れて
この地で この地で 今始まる意味を捜し求め
また歩き始める