世界上最小的海

Lyricist: 街頭塗鴉    Composer: 街頭塗鴉

光滲んだあの芝生で、穴の開いたふうせんを膨らませようと、必死だった
気の遠くなるような、その静かな作業だけが賑わいやぁろう~最高だった
遊んで貰える子ともは、爪先をじっと見つめたままで
頭で悲しみを処理しょうとするけど、心が首を横に振る
飴玉をゆっくり味わうように、一人活きてく苦味を知るしかない
体を震わせて振る、ね~恋は、泣き声にならぬ過去がある
忘れ方を知らない、僕らは背をあされたように、光に変えて行けるから

隠されうわぼき、見付かったって、悲しみは終わらないから
探さなかった、心が軋む音、包め行き立て
どうせ伝わないから、はなさなかった
何度手伸ばしたって、振り向ける背中がある事を知り
時に未来に伝おうはずけれど
捻くれて処で、僕らしょせん純粋を捨て切れないのさ
誰もが敷布の温もりに球磨まで出た、啜り泣きを泣かせ唄
嘘に愛の唄を響かせたよ、誰かに来て欲しいのに
誰にも聞えない声で、愛の唄を響かせたよ

過去は変らず、未来を分からず
しがみつく事を知ってる、不安な希望を追いかけっても~わんす
過去は変らず、未来を分からず
しがみつく事を知ってる、不安な希望を追い掛けっても~わんす
暗闇のやつねた隅に、連れてかれるように歩いた
何を目掛け進んでるのか、分からなくなって
気ついたら、しゃがみこんでた
素直にあや押し取り、頭が狭隘を直らずに済むのに
世界で一番小さな海を、あなたは美しい
あなたは嘘をつかれたなぁ~